広島で人気があるおすすめのスーパーを比較してランキング形式で紹介!評判や口コミも合わせて紹介!

スーパーは陳列を工夫するだけで売り上げが上がる?陳列テクニックを紹介

公開日:2022/01/15


「なかなか売り上げが上がらない」「集客力を高めたい」と悩んでいる方も多いでしょう。実は、スーパーは陳列を工夫するだけで売り上げが上がるのです。そこで今回はスーパーの陳列テクニックを紹介していきます。なかなか売り上げが上がらなくて悩んでいる方はぜひ参考にして、実践してみてくださいね。

スーパーのレイアウト

スーパーのレイアウトは、たくさんの商品が陳列されているのでお客様がストレスを感じないように考えなければいけません。スーパーでは、随所に心理テクニックが隠されています。お客様に1つ多く商品を買ってもらうためを目的として、陳列が考えられているのです。通常であれば、買う予定のないものまで売られそうになると誰でも不快感になるもの。しかし、スーパーではついつい買う予定のないものまで購入してしまう心理テクニックが隠されているのです。

ただし、いくら陳列デザインを工夫してもお客様自身が「見づらい」「買い物がしづらい」と思われてしまえば、意味がなくなります。商品を狭いスペースにぎゅっと並べたり、売りたい商品のブースをたくさん作ったりなどすると、お客様がストレスを感じてしまうのです。基本的に陳列デザインを考える際は、ストレスを感じず、スムーズに買い物できることを考えなければいけません。

スーパーの陳列デザイン

ここからは代表的なスーパーの陳列デザインを見ていきましょう。

1つ目は反時計周りに陳列されていることです。右利きの人が多いことを想定し、反時計周りに動くように陳列されているのです。ちなみに、スーパーでは肉や魚などの生鮮食品の売り上げがいい傾向があります。これはドラッグストアやコンビニなどには陳列されていないからです。そのため、スーパーでは最初に野菜などを並べ、中心に肉や魚、お惣菜を陳列し、牛乳などはレジ付近に配置するという順番で陳列されていることが多いです。

2つ目は陳列棚に空きスペースを作らないことです。生鮮食品はその日の出荷分がなくなれば在庫切れになります。しかし、それ以外のお菓子や乾物、調味料などは常に陳列棚にスペースが開かないように補充されているのです。陳列棚にスペースがあると「このお店は人気なんだ」と思ってもらえるイメージがありますが、実は大きな勘違い。逆にお客様は「このお店は在庫が確保できていない」とマイナスのイメージを抱いてしまうのです。できるだけ陳列棚にはスペースを作らないことが大切。

3つ目は「ついでに」を促進するような陳列がされていることです。レジの横にガムやグミ、おつまみ、乾電池などの小さな商品を置いておくことで、「ついでにこれも買っておこう」という心理を動かせます。上記でもお伝えしましたが、「買う予定のないものまでついつい買ってしまう」という心理ですね。

4つ目は無造作な陳列は効果的ということです。よく割引になった商品が雑にカゴに入れられているのを目にしませんか?これらは「ジャンブル陳列」と呼ばれています。安売りの商品がたくさん詰められているカゴを見ると、「1つくらいならいいかな」という心理を刺激できるのです。

最後は別ジャンル関連の商品をあえて配置することです。麺類コーナー付近にあえて粉チーズや揚げ玉を設置したり、お肉の近くに焼肉のタレなどを陳列したりする方法ですね。スーパーは広いですから、関連商品を買うためにわざわざ店内を歩き回らなければいけません。関連商品が近くに置いてあればすぐに手に取れますし、お客様がストレスを感じることが少ないのです。

客が注目する陳列テクニック

それでは最後に、売り上げが上がらなくて困っている方のために客が注目する陳列テクニックを紹介します。

1つ目はきれいに並べるだけがテクニックではないということです。きれいに陳列されている商品は確かに見栄えがよいです。ただし、きれいに陳列されているだけでは、客の注目を集めることはできません。スーパーで商品がきれいに陳列されているのは当たり前だとお客様は無意識に思っていますから。購買意欲を促進するためにも、アクセントをつけることが大切なのです。ここで効果的なのが「ボリューム陳列」。鮮やかで目を惹く色味の商品を、1か所にどっさり陳列する方法のことです。ボリューム陳列をすることでお客の目を惹くことができ、自然と手に取らせることができます。

2つ目はスーパーにもおしゃれを取り入れることです。現代ではスーパーにもおしゃれを求められる時代となりました。芸術品のように飾られたフルーツや、きれいなスポットライトを浴びた野菜、プレートに美しく盛り付けられた惣菜など、おしゃれな生活を連想させる陳列がポイントなのです。お客様がゆっくり眺めて買い物を楽しめるように、陳列デザインを考えてみるとよいでしょう。また、スーパーでは彩り鮮やかな商品を使っているので、同系色でまとめたり、白→赤→白など差し色を挟んでアクセントにしたりなど、カラー配置も意識してみてください。

 

今回はスーパーの陳列デザインについてまとめていきました。最近ではたくさんのスーパーが誕生しており、陳列デザインが売り上げを上げるためには重要なポイントとなっています。ただきれいに並べることだけが陳列ではありません。その中にインパクトやおしゃれを取り入れることで、お客様の目を惹けるのです。今回紹介したポイントを試しながら、自分のスーパーならではの配置デザインを考えてみましょう。

広島のおすすめスーパーランキング

商品画像2
3
4
5
商品名エブリィゆめタウン(ゆめマート)マックスバリュハローズ
特徴お客様の満足度を追求し魅力的で価値のある食を提案便利さ、快適さ、楽しさを提供できる店づくり全国に展開するイオングループのスーパーマーケット全店365日24時間営業でいつでもお買い物できる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
広島のおすすめスーパーランキング
記事一覧