広島で人気があるおすすめのスーパーを比較してランキング形式で紹介!評判や口コミも合わせて紹介!

節約したい方必見!節約できるおすすめの食材は?

公開日:2021/07/15

生活費を節約したい人にとって、食費の節約は重要な課題の一つです。毎月かかるからこそ、少しでも費用を抑えたいという方は多いでしょう。本記事では、食費を節約するのに向いている食材は何なのかを紹介します。食費を節約したい方は、ぜひ参考にしてください。

再生栽培ができる食材

野菜には再生栽培が可能で、水菜や三つ葉など切り落としたヘタから、再び茎や葉が伸びてくるものがあり、再収穫できます。再生栽培が可能な野菜は、葉物野菜(水菜・モロヘイヤ・キャベツ・チンゲン菜)、薬味野菜(わさび・ニンニク・しょうが・三つ葉)、根菜(大根・人参・カブ・ごぼう)の3種類です。薬味野菜と根菜は、ヘタから出てくる葉を食べることになります。初心者でも育てやすく再生栽培に向いているのは、ネギ、豆苗、小松菜で、再生栽培の手順と気を付けることを紹介します。

薬味の王様ネギ

ネギは、薬味野菜の一種で、さまざまな料理に使われるため、購入頻度も高いのですが、再生栽培をすれば購入回数が減らせるため、節約に大きく貢献してくれます。ネギはとても生命力が強い野菜と言われており、再生栽培でも失敗が少なく、初心者にもおすすめです。

再生栽培のやり方は簡単で、まず、複数の切れ目を入れたスポンジを、深さのある容器の底にセットします。次に、根元をカットしたネギをスポンジの切れ目に入れて固定し、水に浸けて、日当たりの良い場所に置いておきます。水は毎日変えてください。再生栽培は2回までが目安で、それ以降も育てたい場合は、土に植え替えると、3回目以降も収穫できる可能性があります。

使い勝手抜群な豆苗

豆苗は、使い勝手が抜群で、1パック100円以内で購入できる節約食材です。再生栽培により、2回楽しめることを考えると実質1パック50円になります。豆苗は生でも加熱しても食べられるため、さまざまなメニューに登場します。そして、ネギ同様、再生栽培初心者の方におすすめの野菜です。

やり方はとても簡単で、まず、根元から茎と葉を切り落とし、水を入れた容器に根元を浸け、日当たりが良い場所に置いておきます。夏場は直射日光を避けてください。水は毎日取り換えましょう。7~10日程度で収穫でき、栽培は2回までなら可能です。

栄養たっぷりの小松菜

小松菜は、ビタミンAやカルシウムなど、栄養満点で、食べ方もいろいろあります。小松菜は安い時なら1袋100円未満で購入可能ですが、不作な時は200円以上することもあります。多少季節や天候の影響を受けやすいため、特に高い時期は積極的に再生栽培をし、節約につなげます。再生栽培の手順はほぼネギと同じですが、小松菜は切り口が水に浸ると息ができず腐ってしまう恐れがあります。必ず切り口は水面から出すようにしてください。

季節や天候に左右されない食材

天候に左右されない工場生産の食材は、1年中、値段が安定しています。極端な価格変動がほとんどないため、節約料理の予算が立てやすく、常備しやすいなどのメリットがあります。代表的なのは、きのこ類です。きのこ類は、鍋や炒めものなど、幅広く使え、飽きずに楽しめます。「冬場の鍋にきのこをたっぷり使いたい」など、需要と供給の関係から少々値上がりすることもありますが、天気などの影響で急遽値段が高騰するようなことはありません。

きのこの種類にもよりますが、大体1株100円前後で購入できます。きのこは種類によって味も食感も様々なので、いろいろな料理に活用できます。えのき、しめじ、エリンギ、しいたけなどを、和洋中、炒め物から煮物まで、幅広い料理に応用できるため、飽きずに楽しめます。

長期保存できる食材

長期保存できる食材も節約に向いており、根菜類は、長期保存に向いている食材が多く、にんじんとじゃがいもは代表的です。

栄養たっぷり幅広い用途のにんじん

にんじんは、煮物、スープ、サラダと幅広く使えるだけではなく、日持ちしやすい野菜です。産地も幅広く、年中収穫でき、安定供給される野菜のため、販売価格も1年を通してほとんど変わりません。太いものだと3本入って120円程度、小ぶりなものでは5~6本入って100円程度です。にんじんは、緑黄色野菜の一種で栄養価が高いので、ぜひ積極的に使いたい野菜です。煮物、にんじんのマリネ、おせちや煮物に入れる飾り切り(ねじり梅)など、美味しいだけでなく、鮮やかなオレンジ色が、料理の見た目も華やかにします。

満腹感が得られるじゃがいも

じゃがいも、にんじんと同様に、1年中、価格が安定しており、日持ちしやすい節約食材です。じゃがいもは、カリウム、ビタミンB1、ビタミンCなどの栄養素が含まれており、満腹感も得られます。1箱買って、芽が出るまでに食べきれるか心配な方もいるかもしれませんが、煮込み料理に使っても、揚げてもおいしいですし、和洋中といろんな料理に使えます。肉じゃが、ポテトフライ、ポテトサラダ、ポテトグラタンなどに使うと、満腹感が得られますし、スープの具材にもおすすめです。便利なじゃがいもは、常に家庭にあってほしい野菜です。価格も1袋、100~150円程度で、少量でもしっかりお腹を満たしてくれるため、育ち盛りでたくさん食べる子どもがいる家庭の節約にもなります。

 

再生栽培ができる野菜、年中価格が安定している食材、長期保存ができる食材は、食費の節約に向いています。これらの食材を日々の献立にうまくとりいれることで、食費を節約につながります。

広島のおすすめスーパーランキング

商品画像1


2
3
4
5
商品名フレスタエブリィゆめタウン(ゆめマート)マックスバリュハローズ
特徴品質の良い商品、気持ちの良いサービスで街を健康にお客様の満足度を追求し魅力的で価値のある食を提案便利さ、快適さ、楽しさを提供できる店づくり全国に展開するイオングループのスーパーマーケット全店365日24時間営業でいつでもお買い物できる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧